自己紹介(学生時代)

自己紹介(学生時代)

初めまして、きょぱです。

当ブログの著者の僕自身の自己紹介をしていきたいと思います。

まわりと違う私

 

1992年2月3日、宮城県で生まれる。

父が公務員、母が大企業に勤めていて、そして1つ上に姉がいて4人家族

小さいころから変わり者、まわりの子供たちは、車や人形で遊んでいるなか僕のおもちゃは電卓がお気に入り。

後、3才で初めて言葉を発したり、オムツがとれるのが小学生の時だったり、とにかく発達が遅かったのです。

ニューズピックスにも掲載!

よろしければフォローお願いします笑https://newspicks.com/user/2586689

 

 

小学校〜中学生の時は、スポーツは得意で勉強があまり得意ではなく外で遊ぶのが大好きそんな少年

また、すぐカッとなったり、いたずらが大好きだった私は、学校で呼び出されることもしばしば

いわゆる問題児、難有り学生でした。

中学3年生、運動が好きで得意だった僕は、勉強ではなくスポーツの方が向いていると考え、競技人口が少なく高校から初めても全国大会へ出場できるカヌー部のある高校を目指します。

部活動に捧げた3年間

高校に進学してカヌー部に入部しました。高校に進学してからまたまた悪いくせがでます。茶髪にしてイキります。

そして入学3週間くらいで停学

こんな所学校にあったんだってくらい狭い部屋に押し込まれ、2週間反省文をひたすらかかされます。

そして茶髪→坊主になりました。

加害者にはめちゃめちゃ理不尽なことして申し訳ない気持ちでいっぱいですが、12年たった今でもマブだちです笑

しかし、決意する上で停学になることは僕にとって必要なことだったのかもしれません。

それから、高校生活3年間をカヌーに捧げます。

カヌーについての説明はこちらをご覧ください。

https://kyopa.tokyo/2019/01/18/post-223/

カヌー部の練習は、強豪校というだけあってかなりきつかったですが、根気よく続けた結果

1人乗りで9位(国体)、2人乗り6位、4人乗り優勝!!

あまり実力はなかったものの運がよくいい成績を残すことができました。

高校卒業後の進路について

両親に大学に進学するために浪人したい意向を伝えます。結果断られましたが、スポーツ推薦で大学に進学するならといってくれたので、もう4年間カヌーを続けるためにスポーツ推薦で大学に進学します。

東京に進学

4年間カヌーを続けようとしましたが、遊びに夢中になり1年で部活をやめてしまいます。

大学の生活では、ガソリンスタンド、古着屋、飲食店、学校の授業のアシスタントとかなりバイトをして、それでもお金が足りず、ギャンブルでお金をすったり、服を買ってお金がなくなった時は、親にお金を振り込んでもらいました。

そして母親は年子の姉も大学に進学しているため週7で働き始めます。

こんなグズみたいな学生10人に1人くらいいますよね!それが僕でした。

楽しい大学生活は束の間、なんとなく入学してもうそろそろ就活、適当に最初にエントリーして受けたら会社から内定をもらえたので、そこに就職します。

 

 

ここまで見て頂いて感謝しています。

社会人編もあるのでぜひ見てください!!