未経験者がwebエンジニアになる方法

未経験者がwebエンジニアになる方法

私ががwebエンジニアになった方法

今回は私が未経験から

Webエンジニアとして転職した方法を

経験談を元に紹介していきたいと思います。

結論的にりょっきーさんの方法を愚直に行動すればなれます。

りょっきーさんのキータの記事と重複していることもあるので、簡単に紹介していきます。

 

 

1 プログラミングスクールに通う

お金はかかるものの、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

独学でも目指すことは可能ですが、プログラミングを早く習得するために、

スクールのメンターさんに手取り足取り教えてもらいましょう!

お金は稼げば手に入りますが、時間は何をしていても無情に過ぎていきます。

 

2 作品を完成させる

Webエンジニアとして就業する際に、

履歴書と職務経歴書の他にポートフォリオとして

 

Githubのアカウント

自身のオリジナルアプリケーション

 

これら2つの提出を求められることがあります。

一人でアプリケーションを完成させるのは簡単ではありませんが

逆に成果物を企業に見せて、経験者以上の実力を示すことができれば

人材不足のWeb業界ですので楽勝に転職できます。

 

3 アルバイトとして就業した

Webエンジニアとして早く働きたいと考え

Web系の会社でアルバイトをしました。

 

仕事内容としては

新規に立ち上げるアプリのテスター業務を

しながらプログラミングの勉強をしました。

エンジニアとして働くイメージが俯瞰できていい経験となりました。

1年以上続けようと思ったのですが、

ベンチャー企業ということもあってか

人材の維持費などの理由と実力不足で

3ヶ月でクビになりました笑

アルバイトを経験して、スクールで身につけた程度の知識だと

就業してからもかなりハードで厳しいことが分かりました。

 

4 就活する

ウォンテットリー や他の就活サイトを登録して活動しました。

又、1社のみツイッター転職もして見ました。

 

結果はこんな感じです。

応募総数 33
書類通過及び面接 13
内定5社 (SES 2社 受託2社 自社1社)
途中辞退 3社

アルバイトの就業も合わせれば6社内定を獲得できました!

最低でも20社〜30社程応募しましょう笑

 

面接対策5

未経験者が採用する基準はどのような点なのか、

面接対策はどのようなことをしたのかを

5つ私なりに考えて見たので紹介します。

 

1 初めましての挨拶は声2倍で、元気よく(倍返し)

 

最初の印象を良くするために元気よく挨拶するです笑

 

なにに対して倍返しなのか私自身不明ですが

 

気にせずブログ書いて行きたいと思います。

 

ある企業の面接を受けた時の話です。

面接をしていた時に、暗い印象を持ったと言われました…

 

面接は緊張するしどうしても気持ちが沈んでしまうので

意識的に元気よく振る舞うことが大事です。

 

当たり前のこと言ってますけど、とっても大事ですよ♡

 

私自身、面接して頂いた企業さんに言われる前までは

印象が暗いなんて気づきもしませんでした。

 

印象をよくするためにファーストコンタクトの

初めましての挨拶をいつもより大きく出すように心がけました。

 

2 自分をもる2倍で(倍返し)

 

面接では、実際に実力がなくても、

こいつできるやつだと思わせれば採用されやすくなるので

自分をもる練習をしていきましょう。

決して嘘をつくとかではないです。

前職が営業であれば数字をつかって、

売り上げを150%達成しましたとかですかね?

 

3 なぜそこの会社に入りたいのかを明確にして熱意を伝える (3倍返し)

 

正直な話、webエンジニアとしてスキルを身につけられる会社であれば

別にどこの会社であってもいいのが私の本音です笑

ですがそれを面接で言ってしまえばお終いです。

同じ業態の会社であっても必ず差別化できるものを探します。

 

なぜそこの会社に入りたいのかを明確にして

熱意を伝える事が大切になると私は思います。

 

例えば飲食系の会社を例にして見ます。

webエンジニアを目指した理由

飲食業界に興味があって、

そのなかでも飲食店とユーザを繋ぐプラットフォーム運営の

ビジネスを構築している会社に入りたい

その中で御社は独自の〇〇を開発していて

そのような会社はおそらく御社しかないと考え、

是非その一員として業務に携わりたいと思い志望致しました。

 

みたいな感じでそこの会社でしか実現できないから絶対

そこの会社に入りたいんです私を全開にアピールするのです。

 

4 情報を集める (5倍返し)

 

企業は優秀な人材を雇いたいと思うのはもちろんですが、

未経験者に求められているのは、企業のビジョンに共感できる人や

この人と一緒に働きたいかなどを見られていると私は考えます。

なので面接前に会社の事はもちろんですが、社長さん、その他

役員の方の情報をめちゃめちゃ調べます

フェイスブック、ツイッター、その他検索で引っかかる記事などです。

その方はどんな考え方でどんな事が好きなのか徹底的に調べるのです。

 

面接の時に役員の方がぽろっと自分の趣味や好きな事を話したら

その話で盛り上げてさりげなく褒めるのです

失礼にならない程度に笑

そのように対策をとることで、

役員「この人は我が社の理念に共感してるでござる」

役員2「この人と一緒に働きたいでがんす」

となるわけです笑

 

特に褒めることや、会話が弾まない場合は

オフィス綺麗ですね〜とでも言っておきましょう笑

 

5 Webエンジニアになることを諦めない(100倍返し)

 

諦めないで!100倍返しだ!